powerarqはキャンプに最適な大容量ポータブル電源!

smarttap powerarqはキャンプや車中泊等でのニーズが多く、
最近それに 加えて災害時の防災用品として購入する方が
増えています。

600Whの大容量ポータブル電源で、ACアダプター充電の他に
シガー充電や solar充電(「STSL120D」「STSL120M」)にも
対応しており、アウトドアでも威力を発揮します。

一人暮らしの方には、特に災害時の最低限の電源確保に
役立つかもしれません。

smarttap powerarq (パワーアーク)ポータブル電源
  ↓

公式サイトはこちらから

powerarqはキャンプのポータブル電源としておすすめ

powerarqはキャンプや防災用として活用

数日間のキャンプや車中泊で使用するためにポータブル電源を購入しよう
とする 場合、容量が小さい電源は使用時間や使用器具に不便を感じること
が少なくありません。

このような場合に容量の大きな電源を使うと、今まで使用できなかった
電化製品を長時間使用することができるので、より快適に過ごすことが
できます。

キャンプや車中泊等で電源の不便を感じたくない方に、
「smarttap powerarq (パワーアーク)ポータブル電源」がおすすめです。

この商品の一番の特徴は600Whの圧倒的な大容量で様々な電気製品が
長時間使用できること。

powerarqはキャンプにおいて、例えばLEDランタン約180時間、
テレビ約6時間、 ミニ扇風機約30時間、ミニ冷蔵庫約11時間使用
することができます。

大容量ポータブル電源は広範囲にわたる電化製品を長い時間使用
できるため、最近キャンプや車中泊の目的で購入する方に人気が
高まっています。

大容量電源ならキャンプをする場合において、電気毛布、小型
冷蔵庫、扇風機、パソコン、テレビ、スマホの充電、調理器具、
ミキサー、ジューサー、ホットカー ペット、ライトなど大変
多くの種類の電気製品を長時間使用することができます。

2018年9月の北海道のブラックアウト(停電)等を経験した以降、
家庭用電源の必要性を感じる方が増えています。

そのためpowerarqをキャンプや車中泊以外に、災害用の電源
確保のために購入する方の需要が最近多くあります。

もし今後停電があった場合、照明の確保のためのライト、
テレビ、ラジオ、 パソコン、スマホの充電、食料の保存の
ための小型冷蔵庫などの家電をできるだ長時間使用する必要に
迫られるかもしれません。

万が一の備えの防災用品として最小限の電源確保のために、
大容量ポータブル電源があれば非常に安心です。

powerarqをキャンプで使用する方の口コミ

【非常時の備えと冬のキャンプ用に買い求めました。
夏は小型冷蔵庫、冬は暖房に使用したいです。
電気毛布は最強にすると5~6時間使用できそうだが、
実質的には最強にする必要はないので一晩持続するのでは
ないかと思います。
実際の冬のキャンプで使用。
夜の気温は0~4度ほどです。弱~中で一人用の電気毛布を
使ったが、バッテリーの残量は翌朝60%でした。】

【北海道在住で、キャンプ使用のためにポータブル電源を
前から求めていました。
ブラックアウトを体験したので災害時の使用も考慮して、
大容量でAC高出力がよいと考えました。
調べてみると600Whの大容量、AC出力が300Wまで使用
できるのが一番だったのでこの商品にしました。
届いたときの残容量が33%で、寝る前に充電をはじめて
朝起きたときには充電が終わっていました。
充電時間は6時間くらいで速かったです。】

【車中泊やキャンプで電気毛布等を使用する場合の容量は、
容易に一晩は持ちます。
使用したときはAC出力のとき中でファンが回るが、
最初だけで後は静かでした。
AC出力は一つしかないが、能力分までなら分岐タップを
使用すればタコ足配線もできます。】

【価格はやや高いが、この夏のキャンプで扇風機、スマホ、
タブレット、アイコス充電を同時に使用して40wあたりで
軽く2日間で余裕がありました。
残容量88%で普通でなく満足しています。 
秋から冬までの電気毛布で安心だと期待しています。】

【キャンプのときの電源として買いました。
まだ夏場のキャンプでしか使っていませんが、
主にLEDランタンとサーキュレーターを使用しています。
LEDランタンは消費電力10W以下と大したことはなく、
バッテリーの残量を気にしないで使っても2日は余裕で
使用できます。
サーキュレーターは、蒸し暑いツールームの中で使えるので
たいへん助かっています。
小型のサーキュレーターはだいたい30W程ほどで多くは稼働し、
一つだけで使用すればだいたい15時間ほど使えるようです。
冬はLEDと電気毛布、サーキュレーターの使用です。】

【キャンプで使いました。
携帯の充電をコンセントとUSBで使えることが出来て大変
便利でした。  
簡易冷蔵庫にも使いました。】  

【冬のキャンプでの寝袋下マットの下に敷く電気毛布用に買いました。
さしあたって家でテストして、電気毛布の設定弱で1畳2枚を1時間
使って10数%減でした。
実際には設定が最弱でも十分暖かいため、低温での出力低下の不安は
あるけれど何とか一晩持ちそうです。】

【冬のキャンプで電気毛布を使いたくて買いました。 
220Whの他社製を使用していたが、結局容量が不足なので、
折角なら大容量で見た目が可愛いこれにしました。】

【この前の台風で約2日間の停電を経験し、それをきっかけに買いました。
災害のとき用だけではなく、何をおいてもキャンプで使用できるのが
購入のキーポイントです。
これがあれば電源サイトでなくても、快適に過ごせそうです。】

    (著作権上口コミは意味を変えずに書き直しています。以下同様 )

powerarqをキャンプで使用する方の口コミの感想

キャンプで使用した方の口コミを調べてみると、電気毛布を普通に使用
しても大容量のため一晩以上は持つようです。

災害を体験してから、キャンプや車中泊用とともに災害用としてあるいは
災害用のためだけに購入している方が多い印象でした。

その他の口コミで、600Whの大容量でAC出力が300Wまで使用できる、
サイズが小さいため軽くて持ち運びしやすく場所を取らない、
内蔵電池交換が出来て保証期間が2年、充電が速い等が魅力となっている
ようです。

powerarqのレビューでの電気毛布等の使用状況

powerarqのレビューから調べた電気毛布等の使用状況

【コットサイズの電気毛布を8時間程車中泊で使用したが容量の
半分位でした。】

【夜釣り、車中泊に使用しました。
中設定で60Wの電気毛布を10時間程使うことが出来てびっくり
しました。】

【災害時や車中泊で利用出来ればと考えて、ポータブル電源を探して
いました。
キーポイントは大容量で、内蔵電池交換が出来て保証期間が2年の箇所。
スマホの充電はもちろん、電気敷き毛布、小型の冷凍冷蔵庫、トラベル
マルチクッカーなどにつないで使用したいです。】

【この度powerarqを車中泊用として買い求めました。
夜間の冷蔵庫やホットカーペットなどの電源として使いたいと
思いました。
本体をAC電源で6時間ほど完全充電したあと、設定-5℃でエンゲルの
冷蔵庫を作動、2時間で74%ほどでした。
40W強でシガーライターから充電していたため、わりと高い数字で
充電されていたようです。】

【車中泊で使用していますが、大容量なのでテレビやパソコン、
スマホなどの他、電気毛布を使っても問題がないです。】

【300wのセラミックヒーターを使用したが、満タンから小1時間
で30%位まで減りました。
レビューのように1.5時間ほどで空になるでしょう。
購入の契機は冬の車中泊に電気毛布、スマートホン、テレビ等の
電源がほしいためいろいろな商品のレビューを見たが、大容量で
レビューに最も信ぴょう性がありそなため、これにしました。
50wの電気毛布を強で使って7時間後に11%残っていたので、
車中泊で一晩はだいじょうぶ、中位なら2日は持ちそう。
USB製品だと大いに使えそうです。】

【電気毛布を使用したいので、車中泊で5時間ほど使ってみました。
90Wくらいの電気毛布を中設定で使って、70%位までの減り
状態でした。
二晩は使えるようです。
最大90Wの電気毛布でも中設定でも、ONとOFFを繰り返すので
思ったほど電気消費しません。
AC出力は300W(ピークパワーは500W)です。
300W設定セラミックヒーターを継続して使用できたが、
ぐんぐん減ります。
テストしていませんが1時間半少々でなくなりそうでした。】

powerarqのレビューでの電気毛布等の使用状況のまとめ

車中泊で30Wの電気毛布を使う場合、設定強で使用すると7時間で半分
くらい減ります。
中設定では3割位減ります。

30Wから90W位の電気毛布を普通に設定すると、一晩から二晩位は
使えそうです。

その他のテレビやパソコン、スマートホン、USB製品などでは大容量
なのでかなり長時間使用できます。

充電方法は3つ、2018年シガーソケットにも対応!

powerarqの充電方法は従来まで基本的にACアダプターとソーラーパネル
だけでしたが、2018年に車内のシガーソケットからの充電にも
対応しました。

ACアダプターの他にもシガーソケットとソーラー発電にも対応している
ので、より理想的な充電方法になっています。

powerarqの充電方法 ACアダプター

ポータブル電源には、主に一般家庭用コンセント(交流100V)から
充電します。
付属の専用AC(交流)アダプター(100V)による急速充電で、
フル充電時間は約8~9時間です。

充電中も本体に接続された家電は使用できますが、バッテリーの
寿命を考えた場合出来るだけ避けたほうがよいです。

powerarqの充電方法 シガーソケット

Powerarqは今までシガーソケット用のアダプターがないため、
車のシガーソケットからの充電に対応していませんでした。

シガー急速充電ケーブルは2018年に、型番「STSL300」の
「SmartTap 電圧変換機能付き充電ケーブル
(MC4 & シガーソケット) STSL300」
として新発売されました。

車のシガーソケットから充電するための電圧変換機能付シガー
ソケット充電ケーブルで、これにより車内のシガーから充電が
可能になりました。

Powerarqをキャンプなどで使用する場合走行中に充電することが
できるので、シガーソケットから充電できると大変便利です。

車内のシガーソケットからも電圧を変換して急速充電、キャンプや
車中泊をするならぜひ備えておきたい充電機能です。

「SmartTap 電圧変換機能付き充電ケーブル
(MC4 & シガーソケット) STSL300」
は、シガーソケットケーブル3.4mと、MC4ケーブル1mが付属。

入力電圧12V〜30VをPowerArQの25.2Vに変圧する電圧変換機能
付き充電ケーブルセットになって発売されています。

ただし上記の充電ケーブルを購入しない場合でも、別途インバータを
購入し付属品のACアダプターを使用すれば走行中に車内のシガー
ソケットからの充電は可能です。
BESTEXカーインバター300wシガーソケットのようなインバータを
使って、車(12V) から100Vに変えて走行中に充電が出来れば非常
に実用的です。

powerarqの充電方法 ソーラーパネル充電器

これにより太陽光から充電することができるので手ごろな自然エネルギー
100%、送電網につながっていない電力システム、オフグリッドが可能と
なります。

powerarq solar「STSL120D」「STSL120M」

ソーラーパネル充電器powerarq solar

ソーラーパネル発電機から太陽光による環境に優しい充電。

PowerArQ Solarがあれば今までは他の電源が必要だった場合でも、
低コストな太陽の光で発電することができます。

本充電器は、SmartTap PowerArQ(パワーアーク)に使用することが
できるため、キャンプ、車中泊、アウトドアなどの電源確保や
万が一の災害時のスマホ、ライト、テレビなどの使用に経済的で
理想的な電源です。

powerarq solar「STSL120D」と「STSL120M」の違い

ソーラーパネル充電器 PowerArQ Solarには、
型番「STSL120D」と「STSL120M」があります。

どちらも太陽光発電ソーラーチャージャー高効率ソーラーパネル
搭載で、120Wソーラーパネル充電器です。(120W/18V/6.6A)

両者の違いを比較すると次のようになります。

 

型番 STSL120D STSL120M
PowerArQに利用の場合

端子は同じでも電圧が異なるため変圧する必要がある。別売りの型番「STSL300」で対応可能。

DC8mmに変換する必要がある。別売りの型番「STSL300」で対応可能。
コストパフォーマンス 単価223円/W 単価165円/W
出力ポート DC8mm MC4
防水機能 非防水 防水IP65(MC4接続コネクタ)
折りたたみ式
重量 4.2kg 3 kg
価格 26,800円 19,800円

 

型番「STSL300」の「SmartTap 電圧変換機能付き充電ケーブル
(MC4 & シガーソケット) STSL300」は2018年に発売されました。

「STSL300」は、PowerArQの最適電圧に変換して充電ができる電圧
変換機能付き互換ケーブルです。

MC4対応のソーラーパネルからの充電に対応。(MC4アダプター付属)
車からの急速充電も出来ます。(シガーソケット付属)

MC4変換ケーブルを通じて他社製の市販ソーラーパネルからの充電も
可能になって、大変便利になりました。

「STSL120D」は非防水なので雨や湿気の多いところでは使用
できませんが、「STSL120M」は防水なのでそのような場所でも
使用可能です。

また「STSL120D」は折りたたみ式タイプなので、持ち運びが容易
で保管にも便利です。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする